回収できる不用品、できない不用品

不用品を回収してもらうには

不用品の処分に困っているのなら

不用品の回収についてまとめてあります。 不用品は一般ごみと一緒には出せません。 では、どうやって出したらよいのでしょうか? まず、引き取ってくれる施設に連絡です。 そのあと、手数料を払います。 最後に集積所にだせます。 これらの手順をわかりやすく書いています。

回収されない不用品とは

回収してもらえない不用品についてご紹介しています。 回収されない不用品とは法律で回収を規制しているものです。 販売店などに回収するようにしているものです。 これらには地球の環境問題について関係しています。 使えるものはリサイクルするようにということです。 限りある資源ですから大切に使いたいですしね。

全部民間の業者に持って行ってもらう

手元から持って行ってもらう、という意味で回収してもらうのならば民間の不用品回収業者に委託するのもありです。 料金がだいぶかかりますが、自分で捨てる手間を考えれば楽です。 使わないものの処分に手間をかけるのは面倒だとお考えの方もいるでしょう。 そういう方にはとてもお手軽でらくちんです。

不用品を回収してもらうのに必要なこと

自宅にありあまる不用品の数々。
使わないから回収してほしい、処分したいと思うことでしょう。
では、ここで自治体が不用品として回収しているもの、また回収できないものについてご紹介します。

最後にそれらの処分の仕方までご説明しますので是非ご覧ください。

まず、不用品として回収しているものです。
これは一般的な家電のトースター、オーディオ等のものです。
ほかにもベッド、机、椅子等といった家具もそうですね。
一度処分したいものを自治体のホームページで確認するとよいでしょう。
家で使うものといった認識で良いと思います。

これに対し、回収しないものはエアコン、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、乾燥機といった家電リサイクル法に載っているものです。
これは、自治体では回収しません。

またパソコンも資源有効利用促進法というものがあります。
ですので、むやみやたらに捨てることはできません。
さらに、去年買って残ってしまったという廃油や、バッテリー、タイヤ等の処分に困るものも回収していません。
これらは、販売店や業者に問い合わせて処分を行わなくてはなりません。

地球の環境問題もあり、うかつに処分できるものとできないものがあるのです。
なんかを処分したい時はまず自治体のホームページを見てみるとよいでしょう。

もっと、簡単なのは不用品回収業者を使うことです。
よく相談してさえおけば不用品を一括回収してくれるかもしれません。
多少お値段は張りますが、いろいろなとこに連絡する手間を考えたら楽かもしれませんね。