チェックインする | 海外のホテルに泊まるために覚えておきたいこと

英単語を知って海外に行こう

何を知っていれば良いのか

簡単な英単語

チェックインする時は、フロントに行ってその旨を伝えます。
長々と英語を話さなくても良いので、フロントに行ったら笑顔でチェックインと言ってみましょう。
それだけで通じる可能性が高いです。
その際は住所や名前を記入することになります。

自分がホテルを予約した人物だと相手に伝われば良いですが、時々通じないことがあります。
英語でいうのは大変なので、予約カードを見せてください。
ホテルを予約したことを証明できるのでスムーズにチェックインが済みます。
難しい単語を言う必要はないので、英語に慣れていない人でも大丈夫です。
また、話しかける時はハローとあいさつすることを忘れないでください。
あいさつをするだけでも好印象に見えます。

パスポートを見せよう

フロントからパスポートを見せてくださいと言われることがあります。
その際はプリーズと言われます。
その単語とパスポートという単語が聞こえたら、提示を求められていると思ってください。
大抵のホテルでは、身分証明を求められます。
海外では、パスポートが身分を証明するのですぐ出せるところで保管しておきましょう。

提示を求められた時に、荷物の奥底にパスポートがあると焦ります。
チェックインが無事に済むと、部屋に行けます。
日本のホテルと同じように、スタッフが荷物を持ってくれたり部屋まで案内してくれる仕組みになっています。
その場合は、サンキューと言ってチップを渡してください。
日本ではチップの習慣がありませんが、海外では一般的です。


この記事をシェアする