>

回収されない不用品とは

この記事をシェアする

回収しない不用品

不用品として自治体が回収していかないものは、まず、家電リサイクル法にのっとったものです。

冷蔵庫、テレビ、洗濯機、エアコン、乾燥機といったものは不用品として上がりやすいですが、処分のしかたが決まっています。
自治体に回収してほしくても法律で処分のしかたが決まっているのでうかつに処分できません。
これらは、自治体へ回収を頼むのではなく自ら販売店に問い合わせをし、処分の方法を相談、検討してください。

これと一緒でパソコンもそうです。
パーツも多く、情報も詰まっているパソコンはおいそれとは処分できません。
こちらも資源有効利用法といった法律があるので回収してくれません。
もし、処分がしたいのであれば家電と同じく販売店に問い合わせるとよいでしょう。

ありがちな不用品の処分

自宅にありがちな不用品の処分についてご紹介します。

まず、トレーニング機器です。
健康のため、筋トレのためと買い込んだトレーニングマシーンが家の肥やしになっている方もしばしば。
では、これはどのように処分したらよいのでしょうか。

これは不用品回収業者に痛くするのがベストです。
料金は多少割高になりますが、大きくてかさばるのでできるだけ早く処分したいでしょう。
不用品回収業者は日にちを選ばず回収してくれます。

次はホビーです。
スノボの板なんかも処分に悩みますね。
さらに、子供の学習机やベビーベットといった不用品。
子供が大きくなれば使わなくなります。
これらは自治体で回収してくれます。
サイズや重さなどを一度自治体に相談してみるのもよいでしょう。